【壮絶】どうなっているの、その味覚?

medium_6846265418

 

あなたの知人に辛いもの好きはいらっしゃるでしょうか?

私の友人に辛いもの好きがいます。
牛丼を食べに行ったら七味を信じられないほどかけ、
パスタを食べに行ったらタバスコを地獄のようにかけ、
挙句の果てにはおにぎりの具に鷹の爪を入れるしまつ。

 

とんでもない人間です。

辛いもの好きな人は一体どのような味覚を持ち合わせているのでしょうか?

 

そもそも辛みは、味として多くの人に認識されていますが、実は意外に「味覚」で感じるものではないのです。

東洋医学では「辛み」は、五行説による甘味、塩味・苦味・酸味と合わせて「五味」の一つです。 しかし生理学的には、辛味は味覚に含まれていません。 苦味・酸味・甘味・塩味・旨味を「五基本味」といい、これら5つを味覚で感じるものとしているのです。

というのも、「五基本味」は、食品に含まれる味物質が味蕾細胞を刺激することで感知される、「味覚」で捉えます。
もう一つ味わいには、感覚細胞も大きく関わり、食べ物が口の中に触れた感覚や、痛み、温度変化に反応します。
「辛み」は、こうした「痛覚」や「温覚」で捉えられます。

そして辛いものを食べるとこの痛みの感覚が続き、
脳からエンドルフィンと呼ばれるモルヒネのような鎮痛作用のある物質が過剰に分泌され快感を生むのです。

辛味成分であるカプサイシンを摂取すると、傷ついてはいなくとも痛みのメッセージが脳に伝達され、エンドルフィンが放出されます。

これによる快感が、病みつきになるのです。
  刺激的な辛いものの強い感覚がおさまると、今度は逆に物足りなさを感じてもう一度味わいたくなるのです。
辛さは中毒性があるのかもしれません。

確かに、辛味ほど刺激的な味はありません。

刺激的なものには中毒性があるんですね。

Share This
Facebooktwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です