maishoku.comデリバリー。誰が作っているの?その3

日本で最高の宅配Webサービス、maishoku.com今回もシステムの内側で誰が作っているかについて迫ります。今回は…僕、等々力の紹介です。maishoku.comデリバリーシステムの内部システムを誰が作っているかなんてどうでもいいから、早く美味しい店を紹介しろ!と思うかもしれませんがもう少しお付き合い下さい。来週から宅配してくれる店舗さんの紹介をきちんとしていきます。

僕は前職では画像処理のエンジニアでプログラマーでした。画像処理とは画像から人の顔を見つけたり、写真に色々な加工する技術です。例えばマイ食デリバリーには美味しい料理の写真がたくさんありますが、これら写真は美味しくみえる(実際にもちろん美味しいのです)処理をしています。

宅配Fungo ハンバーガー

マイ食 綺麗に宅配料理を変換する技術

左写真はプロが撮った写真ですが、右のほうが圧倒的に美味しく見えると思います。これはプログラムが判断して写真を元の美味しいハンバーガーにしているのです。(写真提供はFungoさん。上記の美味しいハンバーガーを宅配してくれます。こちらも今度紹介いたします。)

私はサーバーやデータベース、PC組み立てもできるPCマニア野郎なのですが、現在は営業職として働いています。なぜこんなことに…それは他のメンバー2人が外国人だからです。「宅配のマイ食の営業は誰がやる?」。3人ともエンジニアです。この問題、全くモメる事は無く決まりました。彼らは言います。「僕らすごい営業やりたいけど外国人だから無理なんだよねHAHAHA。本当だと信じたい。

全く違う畑の営業。いろんな人と会い、いろんな経験をさせていただきました。慣れなく、最後には欝になり、病院に…といいたいが嘘です。人と会うのが結構性に合っていたのか、楽しんでやらせて頂きました。よく店舗さんに言われます。「等々力さん営業っぽくないねー」。プラス指向の私は完全にほめ言葉と捉えています 笑。(本当にいいのか?)

エンジニアの営業はいい面があります。僕らがシステムを作っているので店舗のリクエストが即座に反映されるのです。例えば先程のハンバーガー宅配のFungoさんからも、注文用紙に地図をつけて欲しいというリクエストを頂きました。配達先の地図をFAXを出すということです。Jonathanと相談し、やってみよう!となりました。5時間後…「I did」。できる男は違いますね。できました。店長の赤土さんにも喜んでもらえて本当に何よりです。このようにマイ食は店舗さんの声を直に聞いて最高のシステムを作っているのです。

こうしてmaishoku.comでは1.5ヶ月で宅配加盟店を32店舗集めました(全てテレビ局推薦の店)。同僚の外国人は言います。「この調子なら50店舗もすぐだな、頑張れよ!」。本当に完全に人ごとw でも頑張りますわ(笑)。どうか、次の営業先のオーナーさんも優しい人でありますように…。

Share This
Facebooktwitter

2 thoughts on “maishoku.comデリバリー。誰が作っているの?その3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です